BIC SIMと、Y!mobileの音声SIMの2台持ち

sim_kuchihiroba01

私は格安SIMを使用しています。種類はビックカメラで購入できる、BIC SIMでミニマムスタートプランの3GBまでを契約し、SMS対応にしました。

月額は3GBまでの通信料ならSMS料金込みで1040円(税別)です。こちらのSIMカードはデータ通信のみです。

購入したきっかけは、SIMフリーの携帯を持っていたからです。昨年末までシンガポールで勤務しており、昨年夏ころにNexus 5に買い換えたばかりでした。

シンガポールの携帯はSIMフリーの携帯本体が売られておりますので、現地では現地の通信会社のSIMを利用していました。今年初めに日本に帰り、通信会社と契約して携帯を利用することを考えていたのですが、月額使用量の高さ、Android携帯の種類の少なさが原因で、シンガポールで使用していたNexus 5を使用する、と決めて日本帰国時にはいつも寄っていた地元のビックカメラでBIC SIMを購入することに決めました。

またそれと同時に通話するガラパコス携帯をY!mobileで購入しました。こちらは10分間の通話300回まで月々無料で月1900円です。

SIMについては特に不満もなく、外ではGoogle mapやLINEくらいしか使用しないため、3Gで十分でした。通信速度にもそれほど不満もありません。強いて言えば、こちらのSIMで利用できる無料Wi-fiのWi2 300が使用できる場所がまだ少ない気がするくらいです。

また、通話用の電話と分けているため、そちらの携帯をたまに家に忘れてしまうことがあるくらいです。スマホで毎日動画をみたり、アプリを頻繁にダウンロードしない方にはオススメです。

BIC SIMの仕様を整理

BIC SIMは契約がIIJになるので、基本はIIJのプランと同列です。1つ違いがあるのが無料の無線LANスポットwi2が使えるようになる、というものです。使いづらさはあるものの外で通信量かからずにネットに繋げたい方はBIC SIMでもよいと思います。

プランは3GB/5GB/10GBの3つ。データSIMは900円から、音声付きになると700円上乗せになります。音声をよく使う人はY!mobileのほうを使うという選択肢も残しつつBIC SIMを検討すればよいのではないでしょうか。

IIJとBIC SIMで迷ったらIIJにすべし!

sim_kuchihiroba02

今や群雄割拠の観を呈している格安スマホ。その中で私がIIJを選んだ強力な一手は、「クーポン繰り越し可」の一言でした。

IIJMioの基本プランでは、月に2GBまでの通信クーポンがついているのですが、調べた限り唯一その月の余ったぶんのクーポンを来月に繰り越しできる会社だったのです。

どの格安スマホにもそれぞれ長所があり、とても迷ったのですが、業界最安値のあるところはページを開くのがとても遅い、Yahooのトップページを開くのに一分かかる、という体験談を読み、さすがにそれはなあと考えを改めました。

もう一つ、IIJを選んだ理由はビッグカメラと提携しているBICSIMを選ぶと(サービス提供会社はIIJです)wi2 300が無料で使えるサービスがあるのです。

しかし、このサービスの申し込みをしたことを激しく後悔するほど、利便性が悪いです。まず、wi2の無線LANスポットはいくつもあります。そこに入ったとたん、インターネットは繋がらなくなるのです。

代わりに画面に表示されるのは「ログインしてください」のページです。ですが、wi2のIDとパスワードを入力しても、入力エラーになるのです。

原因は何? と問い合わせてみると……驚愕の答えが。

「会員種別がちがうからです」。

なんと、BICSIMの特典会員だと、普通の有料会員が使っているスポットを使えません。それだけならいいのですが、普通の有料会員用のスポットに入ると、自動的にインターネットページが「ログイン画面」に変わり、正しいIDとパスワードを入力しても延々とそのページが表示されるという仕様なのです。

私はとうとうインターネット設定を削除し、全てやり直しました。BICSIMの会員設定を削除するためにはそうするしかなかったのです。

結論として、BICSIMは使わなくていいです。普通のIIJの方がずっと使い勝手がいいです。

IIJMioも強化されてきた

ここまで利便性の高いIIJですが、さらに強化されています。プランが3GB、5GB、10GBになったのです。今までのサービスはそのままにデータ量だけ増えた格好ですので、嬉しい強化でしたね。

それから「クーポンの繰り越し」についてですが、これは使わなかったデータ量を翌月に繰り越せるというものです。いまではIIJ以外のMVNOでもこの制度を採用しているところがあります。それはBIGLOBEとOCNです。この3社は格安SIMのMVNOのなかでも選ぶのに迷ってしまうほど良い企業だと思います。ま、IIJを使ってれば問題無いと思います!

AU系のMVNOのMineo、音声通話SIMを契約

sim_kuchihiroba03

ずっとauを利用していましたが、毎月の料金が高い気がして他社の乗り換えを検討していました。

そんな時にこの格安SIMの存在を知り、調べたところauからだとマイネオがお得ということで思い切って乗り替えました。実はauは2年契約の縛りがあったため、違約金が発生してしまいましたが、長い目で見れば次の契約更新まで待つより、さっさと乗り換えたほうが得だと計算して違約金を払って乗り換えました。

次の更新まで待てば基本料金だけでも数万円余分にかかる計算でした。携帯料金は1/3くらいまで減りましたし、家族で2台契約だったので、1万円以上していた携帯代が5千円以下に収まってとても嬉しいです。

以前は3G通信でしたが、mineoのSIMのはLTEなので、アプリゲームで遊ぶ時もサクサクで楽しいです。

速いよと噂には聞いていましたが、想像以上でした。他社も格安SIMが出てきたのもあり、それに合わせて契約してから基本料金が下がったのが嬉しい恩恵でした。

基本は1GB通信ですが、サービスでパケットプレゼントを2回ほどされました。パケット繰越もできるので便利です。

ただ、残念なことは、自分が契約してからもっとお得な新規契約のサービスが出てきたことですね。もう少し契約が遅ければ、この新規契約の割引サービスも受けられたんですけどね。

mineoの特徴について整理

mineoはAU系のMVNOです。なのでドコモ系のMVNOよりも通信が安定しているという評判が多いです。下り75Mbpsなので他のMVNOと比較して論理値は遅めですけど実行速度は早いです。ただしこれからユーザーが増えたらわかりませんよ!

プランは今のところ4種類で、データ通信量で異なってきます。500MB、1GB、3GB、5GBとプランが用意されていますね。価格は音声付きのほうで1310円~2190円ですからやっぱり安い!あとはアプリを使って高速データ通信の切り替えができるので、早くなくてもいいときは低速通信で使えばOKですよ。

他のMVNOも試してみたい場合は気になるのが契約期間でしょうか。mineoは12ヶ月しばりになっています。残念なことにmineoで使えるのはau系のスマホや中古端末のみです。これはau系だからしょうがないんですけど、もしドコモ系列のMVNOにチェンジするならまた端末を買い換えないといけないというネックはあります。自分にあったチェンジの仕方を模索してみてください。

ドコモ1人よりOCNの格安SIM2人のほうが安い

sim_kuchihiroba04

スマートフォンが発売されてからもフィーチャーフォンを愛用していましたが、対応していないサイトが増えてきたしスマートフォンにしようかなと思い、ドコモショップへ行って月額料金を聞いたのですが驚きました。

月々の使用料は約1万円から。フィーチャーフォンよりも約4千円、年間にすると5万円は高くなるのです。私がスマートフォンにしたら旦那さんもスマートフォンにしたいでしょうから、2人で1年に10万円出費が増えます。それは家計的に厳しかったので諦めました。

それから半年程後、AEONへ行った時、AEONならスマホが月々3千円以内で使えます!と携帯コーナーにのぼりが。早速店員さんに話を聞き、契約はしませんでしたがMVNOというものがあることを知りました。

それから情報を集め、レビューや口コミ等を参考にし、OCNモバイルONEに決め、対応端末リストにあった中古のスマートフォン本体を2台購入。届いたSIMカードを差して使い始めました。

仕事柄電話をよく使う旦那さんは、通話はドコモのカケホーダイの方が良いと、元々使っていたフィーチャーフォンを音声通話専用にし、ネット専用のスマートフォンと2台使用。私はあまり通話はしないし持ち歩くのは1台にしたかったので音声通話付きのSIMにしました。

どのくらいデータ通信を使用するわからなかったですし、毎月プランが変えられますので、はじめは4GBまで高速通信のできるプランにしました。2015年4月からは5GBまで料金そのままで使えるようになりました。

通信費は2台で税込3888円。カケホーダイ税込2376円1台。フィーチャーフォン2台の頃より安くなりました。

使ってみて不満なところは特にありません。電波もきちんと入りますし、音声通話も途切れません。高速通信をオンにしたらアプリのダウンロードも動画の閲覧も出来ます。低速でもLINEやアプリで遊ぶときには問題なしです。ネットのレビューを参考にして何気なく選んだOCNでしたけど、最も使い勝手がよい会社だったみたいで安くて便利。格安SIMさまさまです。

1日プランは他社に先駆けて、OCNモバイルONE

sim_kuchihiroba05

一番はじめに格安SIMを利用しようと思ったきっかけは、SIMフリーのiphone を上海から個人で購入したからです。昔は海外版を輸入しなければ格安SIMが使えませんでした。現在はsimフリーのタブレットも電話も日本で購入できるようになり便利になりました。

日本の代理店でiPadのSIMフリー版を購入し、格安SIMを使って楽しんでいます。いろいろな会社のSIMを試しました。bモバイル、ビックカメラ、ワイヤレスゲートなど。正直金額、容量に大きな差はありません。

ただ、サービス契約に付帯する、公衆無線LANの使用など、各社メーカーにより使い勝手は違います。

容量は同じでも、接続スピードは驚くほど違います。

ですので、契約するときは、ネットなどの口コミを見ることをおすすめします。

速度制限なしと書かれているにも関わらず、時間帯によっては、250kbpsぐらいしか出ない会社もあります。その速度ではストレスしかたまりません。

私個人の環境ではocnが接続スピード安定して早いです。個人で速度制限もかけることができるので、使いたいときの為に容量をとっておくこともできます。ocnは速度制限時でも平均して200kbps近く出るので、ストレスはたまりますが、タブレットでもなんとかネットできます。

また画質はかなり落ちますし、時間もかかりますがyoutyubeも見ることができます。他社ではなかなか速度制限時にそこまでできる会社はないと思います。接続環境により、体感速度も違いますので、是非、ご自分に合った格安SIMを契約することお勧めします。私のおすすめはocnです。

OCNモバイルONEの1日70MBが110MBにパワーアップ

契約した当初は1日70MBまでが高速で利用できるというプランでした。1日70MBということは1ヶ月で2.1GBですね。これが110MBなので3.3GBに増えたということです。値段は据え置きなのでやはりOCNにしておいてよかったなと思うわけです。

前述の公衆無線LANの利用は無料のトライアル期間が設定されているので、そのうち有料になってしまいますけど、実際あまり使わないのでいいかなと思います。

ネット大手のSo-netで初めての格安SIMを利用!

sim_kuchihiroba06

前からスマホデビューしたかったので安く使えるものがないかと捜していた所、ZTE社のBlade vec 4g という機種を発見!so-netの音声通話つきプランを選びました。3GBで月額1850円と大手3社の料金に比べたら大変安かったので即決してしまいました。

ただ、中国製ということで多少の不安がありましが、使用してみると液晶画面もきれいで、重量も軽く使いやすいと思いました。中国製に対するイメージが変わりました。ただ、見た目が少し安っぽい感じがしました。さらにデザインも国内のものに比べると古くさい様な感じもあります。

そして、使っているうちに気がついたのですが、録画したものを再生するとすこしノイズの様なものが入るではありませんか!ネットで調べた所、同じ様な症状の方が何名もいました!もっと、調べてから購入すればよかったかな、と少し後悔しています。でも、ほとんど使わない機能なので我慢できる範囲です。

それより問題は、キャリアメールが使えないことです。(当たり前!)G-mailだとタイムラグがあり使いたくありませんので現在ショートメールを使っています。コレだと、全く時間差なくメールが届くので問題ありませんでした。色々不便もありますが、コスパを考えればいい買い物だったと思っています。バッテリーがダメになるまでは使います!そして中国製品は2度と買いません!

So-netの格安SIMプランとは

So-netについても紹介しておきます。プランは5種類あってそれぞれ次のようになっています。

  • ハイスピードV→データSIM、5GB/月
  • ハイスピードM2→データSIM、3GB/月
  • Talk S2→音声付きSIM、1.5GB/月
  • Talk L→音声つきSIM、360MB/日
  • Talk S→音声つきSIM、500MB/月

S2よりSのほうが価格が高いのが謎ですが。。

スマホとSIMのセット販売があるのと、SIMだけ販売というのがあります。スマホとのセットは別に割引適用になったり安くなるわけじゃありません。初期コストを抑えてスマホ代を月々払いに上乗せする形にする契約なだけです。あえてSo-netでスマホも一緒に買わなくても、実はヤフオクとかで安いのを買えるので、それでもいいと思います。最近流行っているのが台湾製のASUS Zenfoneというスマホだそうです。次買うとしたらこの端末にしたいと思っています。

Y!mobileは街なかにショップがあるのが助かる

sim_kuchihiroba07

半年ほど前にYMOBILEスマホと契約し使用しています。きっかけですが、一年ほど前から格安SIMで安くスマホが使えるというのがよく話題になりました。

当時私はいわゆる3大キャリアのうちの一つを使っており、月額料金は8000円ぐらいでしたが、格安SIMだと月1600円とかだったので、これは一体どういうものだろうか?と興味を持ち調べてみたんですね。

格安SIMにも色々ありますが、大まかに分類すると。、データのみ(一番料金が安い)、データ+通話プラン(携帯番号が050となり、現在使用している番号をそのままは使用できないタイプ)、データ+通話で、番号そのままでスマホを使用しようできるタイプの三つに分類されました。これは090や080の番号がふられるものです。

私が調べたところによると、データのみのいいところは、通話はガラケー、データはスマホという二台持ちに適していると思いました。仕事で通話機能が欲しい場合、スマホだとバッテリー残量がネックになりますがこれだと、その問題は解決でき、ガラゲー側は通話のみのプランで固定して、スマホはデータのみプランでSIMを買えば、値段もそれほど高くありません。

番号+データはお手軽でいいのですが、050番号になるので、現在の電話番号を使えないのはかなり不便だと思います。新規に申し込む分にはいいのですが、現在仕事で使ってる携帯から変更はしずらいと思いました。それに050は音声通話の網を使うのではなく、ネット網を使うので通話品質に難アリです。もしお客さんや重要な人物と電話する場合には使える品質ではないので、辞めたほうがいいと思います。

番号そのままの通話+データですが、料金的には前者の二つより高いです。しかし現在使ってる番号をそのまま使えるので非常に便利です。簡単にいうと、3大キャリアとほぼまったく同じように使えるのに、値段が半額以下になるということです。一般的に格安SIMで通話つきといえば、これのことです。

当時、携帯番号そのままで使えるというのはYMOBILEしかなかったので、YMOBILEと契約しました。使ってみた感じ、前述したとおり、3大キャリアと全然かわらないので、なぜまだ3大キャリアと契約してバカ高い通信料を払っているの人がいるのかわからないぐらいです。

既存携帯キャリア会社のように、YMOBILEショップも普通に街中にあるので、トラブルがあっても問題ないので、私は大変満足しています。

YahooBBの通話付き1GB月額2980円プランで契約

sim_kuchihiroba08

もともとIpadを使いながら、wi-fiルーターにもなるPHSを使って、月額は5000円ほどで通信料を済ませていました。しかしPHSから発するwi-fiがどうしても弱く通信状況が不安定になることが多いので、もっと通話料を下げて、電波も安定させたいと思っていました。

当然自宅にもインターネット回線を引いていまして、また無線ルーターを使っているので自宅内にはwi-fiも通っています。それと、会社でもwi-fiがあるので、無線でネットに接続することができますから、YahooBBの通話付き、データ使用量の最低プラン1GBで契約をしました。

使ってみると、元のPHSの電波より圧倒的に動きは快適でまったく問題はありませんでした。もともと使っていたIpadは、家で動画を見たりゲームをしたりの専用機にして、外出するときはスマホのみ持っていっています。

yahooBBはソフトバンクの回線を使っていて、wi-fiもソフトバンクwi-fiなので、都心であればかなりの場所で電波が飛んでいます。電話回線もソフトバンクの電波なので地下でも安定しています。また、契約する機種もnexus5なので画面が大きくて快適です。

動画を見たり、アプリをアップデートするときに必ずwi-fiのあるところでやる、ということを忘れなければいま使用して3ヶ月目ですが上限の1GBに達することはありません。とにかくあまりインターネットは使わないという方や、家と会社にwi-fiが飛んでいるという方は絶対に使った方がいいと思います。

以前はイオンの音声通話SIMが無料通話がついていた月額3710円のプラン

sim_kuchihiroba01

SIMを利用することによって携帯料金が抑えられたことが印象的でした。私は、イオンにてSIMを契約したのですが、音声通話付きのもので月額3710円のプランを利用しています。

今まではあまり携帯を頻繁に利用する事も無いのに携帯代が高くなっていたので、あまり携帯を使用しない私からするとこれで十分だと感じました。無料通話分もついていてこの価格なので、そこまで電話をしない人はもう少しプランを下げてもいいと思います。

ちょっとした用件につかう電話ばかりなら無料通話も残っていくので、その点は安心して利用することができています。携帯の利用の仕方を改めたい方なんかにもおすすめできそうですし、通信データを大きく利用する人はこのSIMは向いていないかもしれませんが、プランは多くあるので、GBを上げればいいのだと思うので、そういった点からみてもこのSIMは使いやすいと感じました。

データを多く利用する場合にはギガの制限も出てくるでしょうし、追加で料金がかかってきてしまう場合があるので、そういう面では普通のスマホの方が安心感はあるのでしょうが、あまりデータを通信することが少ない方にとってはおすすめですし、私も利用して満足しています。なので、これからもイオンSIMを使えば月々の料金も最小限になるのでいいと思いました。

イオンの無料通話プランは無くなった?

いま現在はイオンスマホはb-mobileというところで契約になり、プランは2種類用意されています。といいますのも、以前あったプランは廃止になって、新しいプランが商品として出ているからです。1つ目がデータ通信量無制限で2780円プランで、2つ目が3GBプランで1980円です。

通信網はドコモ網なのでXiとFOMA(3G)ということになります。通信速度にはまぁ満足していますけど、人によっては遅いと感じる方もいるみたいです。

ぷららでデータSIMの3GBプランを契約しました

sim_kuchihiroba02

私が格安SIMに興味を持ち始めたのは数年前。まだ、日本通信しか選択肢がなかったころです。はじめは、通話付プランでSIMフリー・スマホを使っていました。この時は月3500円(通話料は別)は超えていたと思います。

その次にイオンから販売された、これまた日本通信系の通話付のSIMに切り替えました。こちらは、2000円(通話料は別)を超えていました。日本通信同士のMNP(電話番号の引継)ができなかったのが非常に痛かった(今現在もできないと思います)ですが、基本料の安さを優先させた形です。

これよりも安くさせようとして、次にOCNのSIMを購入し、様々なプランを変更してIP電話を試したのですが、音質が一向に安定しなかった経験がありました。

そこで、IP電話番号をそのまま使う為、OCN系のSIMで、料金は上がるけど大元のOCNよりも一日に使える高速通信量が多いぷららのSIMに注目し購入に踏み切りました。

この選択を今一番後悔しています。昨年後半、このぷららから発売された定額無制限プランの酷さを見ればわかる通り、OCNよりも通信速度は安定しない。IP電話なんて、着信・発信もおぼつかない。早々と次のSIMを探す羽目となりました。

楽天のSIM、ぷららのSIMはネットでも調べればわかると思いますが、噂通り品質に難有りだったり、急に規約を変えて殆ど通信できなくなったことがあったんですよね~。今はどうなのかはわかりませんが、一度嫌な思いをした会社のSIMはもう二度と買うことはないと思いますね。

ぷららモバイルLTEって?

データSIMのみならず、音声通話が出来る格安SIMのことです。他のMVNOと同じでLTEの高速通信ができるのと、090/090/070の電話番号が使えますから、MNPでの転入もできますよ。

エリアはドコモ網を使っているので、XiとFOMA網ということになります。したがって現在ドコモスマホを使ってる方は端末そのままでぷららモバイルLTEに変更できる可能性が高いです。

プランは通話+パケット無制限で3736円/月です。このMVNOを利用する特典としてひかりTVが出している映画などを見放題というのが挙げられます。これは大きなメリットです。

もう1つのプランは定額ライトプランで通信量の制限が1日に70MBに制限されているものです。30日にすると2.1GBということになりますね。毎日平均的に使う方にはこちらが良いでしょう。月額は1728円となっています。